<![CDATA[FCB(Functional Condition Board) - 文献紹介]]>Sun, 22 Nov 2015 20:24:21 -0800Weebly<![CDATA[Positional demands of international rugby union: Evaluation of player actions and movements]]>Thu, 23 Apr 2015 22:52:41 GMThttp://functionalconditionbox.weebly.com/25991294863205720171/positional-demands-of-international-rugby-union-evaluation-of-player-actions-and-movements 世界一のラグビーチームニュージーランド代表(通称:オールブラックス)の6年間90試合をビデオを用いて、タイムモーションアナライシスで分析した論文です。
 論文の著者もニュージーランドラグビー協会の医科学委員長や実際のS&Cコーチも含まれており、まさに世界トップレベルのデータです。

 是非、参考にしてください。
positional_demands_of_international_rugby_union(日本語).pdf
File Size: 321 kb
File Type: pdf
Download File

]]>
<![CDATA[The physical demands of elite English rugby union]]>Thu, 09 Apr 2015 01:26:35 GMThttp://functionalconditionbox.weebly.com/25991294863205720171/the-physical-demands-of-elite-english-rugby-union 今回はGPSではなくビデオカメラを使い、選手を追尾したTime Motion Analysis(TMA)による研究です。
ラグビーについての研究ですが、世界トップレベルのイングランドのラグビープレミアシップのランニングパフォーマンス(運動強度)がどのようなモノか教えてくれる。素晴らしい論文です。
 是非、自分の競技の分析の参考にしてください。
the_physical_demands_of_elite_english_rugby_union(日本語).docx.pdf
File Size: 489 kb
File Type: pdf
Download File

]]>
<![CDATA[AN EVALUATION OF THE PHYSIOLOGICAL DEMANDS OF ELITE RUGBY UNION USING GLOBAL POSITIONING SYSTEM TRACKING SOFTWARE]]>Tue, 24 Mar 2015 09:17:39 GMThttp://functionalconditionbox.weebly.com/25991294863205720171/an-evaluation-of-the-physiological-demands-of-elite-rugby-union-using-global-positioning-system-tracking-softwareGPSを用いてRugby Unionの運動強度を報告したはじめての論文です。
この論文の後、スポーツ科学者やS&CがGPSを使って測定や研究を行う際にこの論文のZone設定を採用しました。

GPSを用いた研究の基盤を築いた研究と言えます。
an_evaluation_of_the_physiological_demands_of_elite_rugby_union_using_global_positioning_system_tracking_software.pdf
File Size: 872 kb
File Type: pdf
Download File

]]>
<![CDATA[英語文献の要約]]>Tue, 24 Mar 2015 09:14:05 GMThttp://functionalconditionbox.weebly.com/25991294863205720171/1これからFCBの新しいサービスとしてこちらにスポーツ科学に関する英語の論文の日本語に訳した要約をアップしていきたいと思います。

このサービスを行う理由として、どうしても英語という言語の壁が存在します。
しかし、その壁を壊さない限り、最新の知識を得る事は出来ません。
可能性を半減させてしまっている訳です。

論文の読み方も含めて、このように日本語に訳して保存しておくと、いつでも見返す事が出来るので、そのヒントになれば、また日本語になっていない情報を共有出来ればと思いこのようなサービスを開始していきます。

月に2回程度を目標にし、まずはGPSについての論文をいくつか紹介していきます。
]]>